ブランディングとはそもそも何なのか?必要性は?役割は?わかりやすく解説!

企業やサービスを周知する際ついて回るブランディングやマーケティングといった言葉。

重要なのはわかるけどそもそもどういうことなのか、何をすべきなのか。意外とわからないですよね。

今回はブランディングの必要性や役割、有効な方法をわかりやすく解説していきたいと思います!

目次

ブランディングとその役割

ブランディングとは、「自社独自の価値」を確立するための活動を指します。

その企業ならではのものという認識を周知させ、他社と差別化する取り組みです。

ブランディングとマーケティング

ブランディングに似た意味の言葉としてマーケティングという言葉がありますが、これらは似て非なるものです。

ブランディングの意味合いは冒頭にご説明した通りですが、マーケティングとは「商品販売の戦略」指します。

ブランディング


自社製品、および企業そのものの価値、イメージを高めることを目的とした活動のこと。ブランド化。

〇〇といえばあの企業!とイメージを根付かせることなどが目的。

マーケティング


商品をより多くより効率的に販売するために行う調査や広告等の活動のこと。

より多く商品を売ることが目的。

両者の違いが明確になったところで今回はブランディングについて掘り下げていきましょう。

ブランディングの必要性

ブランディング、ブランド化というと何となく高級感のあるイメージがあると思いますが、そもそも「ブランド」とは「あるサービスを同カテゴリのサービスと区別するための概念」を指す言葉です。

例えば、多くのお店が軒を連ねるコンビニでもスイーツを買うならあそこ!といったイメージが既にみなさんの中にもあるのではないでしょうか。

高級な商品を取り扱うわけでなくても、「〇〇といえば△△!」とイメージを定着させ、「差別化」することがブランディングなのです。

ではブランディングを行わないと会社は運営できないのでしょうか。

実はそんなことはありません。

しかし、「差別化」と申し上げた通り、消費者に同業他社の中から自社サービスを選ばせるためには必須の戦略なのです。

ブランディングを行うメリット

既に「〇〇といえば△△」といったイメージを根付かせ、差別化するのが目的と申し上げました。

ではそれに伴うメリットとは何なのでしょうか。

利益率が上がる

当然競合他社の中から自社サービスが選ばれるための戦略ですから、それが成功すると集客、販促、PRといったマーケティングにおいて他社よりも優位に立つことが可能です。

消費者から選ばれやすくなれば市場競争力が高まり、またブランドの力が消費者のイメージ定着に繋がるためどんどん良い循環が生まれていくのです。

それだけでも売り上げは上がっていきますが、さらにブランドが定着すると価格競争からも外れることができます。

もっと安い商品はあるけど信用しているメーカーのものだから。好きな商品だから。これがいいから。と選び、購入している商品がみなさんの中にもあるのではないでしょうか。

それこそ価格競争から外れ、ブランドの力で利益を上げている実例です。

一度構築した信頼感や愛着はリピーターに繋がり、長期的で安定した利益になっていくのです。

効率的な販売ができる

ブランディングを行うと無駄のない効率的な販売活動が可能になります。

マーケティングと重なる部分でもありますが、
例えばチョコレートを売り出すとして、チョコレートの市場調査を重ねた上でどの層に売り出すか、ターゲットを明確にしていきます。

需要や現在のトレンドを踏まえ、男性向けに甘さ控えめのものを売るのもいいですし、女性向けに満足感のあるものを売るのもいいですし、子供向けに安価で遊び心のあるものを売るのもいいでしょう。

その上で「働く20代女性」というターゲット(ペルソナとも言います)が設定でき、その層に響くようなPRを行います。

その層に人気のタレントをイメージモデルに設定したり、共感を呼びやすいようなキャッチコピーを打ち出したりと様々な方法があります。

そうすると「オフィスで一息つきたい時のチョコレート」といったブランドが確立し、数あるチョコレートの中から「オフィスでのおやつ」という点で消費者に選ばれやすくなります。

ブランディングをしっかり行えば効率的なPRにつながっていきます。

企業イメージの向上

これまで取り扱うサービス、商品のブランディングのお話をしてきましたが、企業イメージ自体のブランディングも重要です。

まず自社の環境分析をし、自社が所属する分野と世の中の流れを正確に読み取りどのような方向で打ち出していくべきかを分析します。

その次に自社の分析を行います。

自社はどのように認知されているか、どのような強みがあるか、競合他社との違いは何かなどを分析し、これらの理念や強みと先の環境とのすり合わせを行なっていきます。

このブランディングが成功し、イメージが好調すると取り扱う商品自体のイメージが向上し、上記の通り売上が伸びやすくなります。

さらに、世間からいいイメージを抱かれている企業で働く従業員たちも自社への愛着や誇りからモチベーションが上がり、生産性が高まります。

さらに世間からも従業員からもいい印象のある企業はその評判を知った求職者からの人気も高まり、採用活動が促進される上、高いモチベーションを維持できる職場において離職率が下がります。

内外からの評価の高い企業は社会的信用が高まり、資金調達や賛同者からの支持が受けやすくなります。

となるとさらに企業イメージが高まり…とやはり商品ブランディングの時と同様良い循環が生まれ、将来的にもこれらのようなメリットを生み続けられます。

信用を得るには時間がかかりますが、積み重ねの早い段階から細かに反応を調査したり、市場の流れを見直したりと細かな調整が必要です。

ブランディング向きの取り組みとは?

ブランディングのには様々な手法がありますが、現代において最も効果を発揮しやすいのはWEB施策でしょう。

ネット環境の向上やスマートフォンの普及で、人々はテレビや紙面よりもスマホで情報を収集するようになりました。

そうであれば当然テレビや雑誌、折込チラシなどで宣伝するよりもWEBを活用した方が効率がいいです。

ブランディングで活用できるWEB施策を順に見ていきましょう。

サイトの製作

まず第一にサイトを製作・運用することをお勧めします。

これなんだろう?と思った時、まずスマホで公式の情報を探すという方は多いのではないでしょうか。

商品であればそのメリットや効果、企業であれば企業理念やスタッフの声など発信できる情報は多岐に渡ります。

お問い合わせフォームがあれば消費者とのコンタクトがスムーズに行えますよ。

SNSアカウントの運用

LINE、Twitter、InstagramといったSNSを使用しているユーザーは、ネットユーザーにおいて8割を超えていると言われています。

活用しない手はありませんね。

商品情報や有益な情報、企業の方針を多くの人々にアプローチすることができます。

企業の特性や担当者の個性を活かしたSNSが度々話題になりますが、企業でありながらまるで個人とコミュニケーションするような気やすさがSNSの特性。

消費者と企業の接点があれば自ずと親近感も湧き、イメージが良くなります。

動画配信

動画は今最も注目されているWEB施策です。

狙う年齢層によっては最も効率のいい方法と言っても過言ではありません。

サイトやSNSではどうしても写真とテキストに縛られやすいですが、動画であればそれらを遥かに上回る情報量でわかりやすく物事を伝えることができます。

特に文字では伝えにくい細かなニュアンスや雰囲気、動きなどを伝えることに特化しているため、まさしく「イメージ」がわかりやすくなります。

文字と比べて記憶に残りやすいという特質があるため、ブランディングに大変効果を発揮してくれます。

まとめ

ブランディングとは企業や提供するサービス・商品について独自性を確立し、差別化する取り組みであるということ、
会社運営において必須ではないですが競合他社から抜きん出るためには避けて通れない要素であること、
紙媒体やテレビよりもWEB媒体での施策がおすすめであることがお分かりいただけたかと思います。

より自社および自社製品の良さをPRしていきたいという方はまずはSNS運用から始めてみてはいかがでしょうか。

動画コンテンツ製作の基礎知識については過去のブログにてまとめているのでぜひご覧ください。

私たちについて

私たちは札幌の動画製作サービスTACNALです。

動画製作から印刷物まで、販促コンテンツにお悩みの際はぜひ私たちにご相談ください。

Information

SNS

TACNALについて

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次