地元を活性化!ブランディング動画で地域振興!動画制作のポイントや注意点とは?

目次

ブランディング動画でイメージアップ!

今や人々の日常に深く浸透している動画コンテンツ。テレビを抜きにしても動画が一切目に入らなかった、なんて日はもうあまりないのではないでしょうか?

それほど誰もが日々目にする媒体を活用しない手はありません。

企業や個人経営のお店なども着実に取り入れてきていますが、地域振興、イメージアップを狙うブランディング活動にも動画は大変相性がいいんです。

今回は地域振興活動を目標としたブランディング動画の制作にあたり、なぜ動画なのか、加えて動画制作の注意点などを解説していこうと思います。

どうして動画なの?

地域のPR方法

地域の活性化を目的としたPRの方法として以下のような手法が挙げられます。

  • イベント
  • SNSでの発信
  • 雑誌
  • 動画

イベントは言わずもがな、多くの人に足を運んでもらうのには大変有効な手段です。

音楽イベントを開催してまずは足を運んでもらうもよし、地域に根差した内容、例えば美味しい食材を楽しめるフードイベントや豊かな自然を生かした観光ツアー風のイベントなど、さまざまな企画ができますね。

実際に足を運ぶことで、その土地の良さを体験することができるのは大きな効果を見込めることでしょう。

SNSでの発信も最近は大きな影響力を持つようになってきました。

多くの人の興味を引くような写真や、短い尺の動画を公開すればその土地自体に大きな関心を持ってもらえるでしょう。

拡散力が強く、多くの人の目に触れやすいという利点があります。

ターゲットを絞る場合、専門誌などの雑誌に掲載を依頼するというのも一つの手です。

影響力の強い雑誌であればターゲットの関心を強く引くでしょう。

最後に動画ですが、いつでもどこでも誰にでも簡単に、まるでその場にいるかのような体験を届けることができるのが大きな特徴です。

現在多くの人が利用しているSNSや動画投稿媒体、WEBサイトと相性がいいため多くの活用法ができ、近年最も効果を期待されています

なぜ動画に注目が集まっているの?

動画は最も効果を期待されていると述べましたが、それはなぜなのでしょうか?

それは、多くの人が情報収集する手段として、観光ガイドなどよりもインターネットでWEBサイトやSNSを選ぶ場合が多いからです。

動画は写真+テキストの5000倍の情報量があると言われています。

写真にテキストを添えて紹介するよりも、動画の方がより多くの情報を伝えられるため、情報を受け取る側はより鮮明に現地の様子をイメージでき、訴求につながっていきます。

音を含めた現地の様子や雰囲気、細かなニュアンスなどは文字に表し難いことが多いですからね。

そんな地元の魅力を詰め込んだ動画をSNSやYouTubeなど拡散性を期待できる媒体に投稿すれば多くの人の元へ届き、注目を集めることも可能です。

これまで「多くの人に届ける」ということは紙媒体で行われることが多かったです。

先に述べた雑誌もそうですが、新聞折り込みチラシやダイレクトメールなど、かつて「広告といえばこれ!」というものは紙媒体でしたね。

しかし紙で制作した場合、デザインに加え、紙代、印刷代、輸送費がかかる、届けることができる相手が限定される、紙は劣化するため消耗してしまう、実態があるため保管にも費用がかかるといったデメリットがありました。

しかし動画は制作費はかかるものの、印刷の必要はなく、世界中誰の元にも無料で届きます

また、何度でも利用でき、何度再生しても劣化しないため半永久的に活用できます。

それが紙媒体よりも多くのことを伝えることができるのであれば、注目されて当然でしょう。

動画を活用するメリット

先に軽く述べましたが、動画を地域振興活動に活用するメリットを、従来の紙媒体でのプロモーションと比較しながら詳しく見ていきましょう。

 情報量の多さ

すでに触れましたが、動画は情報量の多さが段違いです。

筆舌に尽くしがたいという言葉があるように、言葉や文字だけで伝えられる事柄には限界があります。

「とにかくすごいからいいから見て!」なんて言葉を使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

ものの様子を伝えるには結局その目で見るのが一番なのです。

でも遠方にあるものに対して「とりあえず見てみて!」はちょっとハードルが高いですよね。

そんな時使えるのが動画です。

動画は、写真+テキストでは伝えられない音や動きなどの雰囲気を視聴者に伝えられ、実際に足を運ぶ疑似体験をすることができます。

魅力的に見えるものは実際に足を運んでみたくなりますよね。

よりたくさんの魅力を伝えることで多くの人の関心を惹き、集客につながっていくのです。

 費用対効果の高さ

動画製作は費用がかかるとお考えかと思います。

確かに動画制作は時間と技術が必要な仕事なので、単価で見ると必然的に料金はチラシ等より高くなります。

しかし、チラシは配布すればなくなります。

お金をかけて大量に印刷しても、長く保管していると紙は劣化していきます。

ものとして実在する以上、どうしても消耗品としての側面が強くなるためその都度お金がかかります。

また、紙でしか活用できないため、ポスティングをするにしても人件費、DMとして送るにも郵送費がかかります。

一方動画は確かに製作コストこそかかるものの、その価値は半永久的に変わりません。

100人に見られたら劣化する、なんてこともないためいつまでも何度でも視聴し続けることができます。

また、YouTubeやSNSで拡散すれば、ポスティングやDMでは届かなかった範囲にまで発信することができ、その費用は無料です。

活用方法も多岐に渡り、YouTubeやSNSに投稿するのはもちろんのこと、HPに掲載したり、デジタルサイネージに使用したり、広告に使用したりとさまざまな場面で活用できます

どこにでも、何度でも使用できるのがいいところですのでどんどん活用していきましょう。

何度でも、どこにでも活用できる動画は非常に費用対効果が高いのです。

 SNS、HPとの相性の良さ

先ほどからSNSやHPでの活用をお薦めしていますが、何せこれらとの相性が非常にいいのです。

SNSの魅力といえば何と言っても拡散性

昨今SNSの力は莫大で、テレビCMよりもSNSで「バズる」方が宣伝効果があると言われています。

YouTubeも同様で、縁もゆかりもない土地の企業やお店の動画を視聴したことはありませんか?

そのように全国各地の人の目に止まる可能性があるのがYouTubeやSNSです

地元を発信したい、観光客を誘致したいという需要にピッタリのツールと言えますね。

また、先にも述べましたが見知らぬ土地への旅行や、旅行先を決める際、多くの人は旅行雑誌よりもネットで情報を集めます。

その際ネックになるのが公式ホームページ。

これが検索上位に表示されないことないはせっかくのホームページもネットの海に沈んでしまいます。

この検索した際ホームページを上位に表示させる工夫をSEO対策といいます。

そのホームページに価値があるかどうかを判断され、その結果に応じて表示順位が決まりまるのですが、その価値の部分に動画が大きく関わります。

動画が掲載されていると、価値のあるページであると判断されやすくなるのです。

ホームページの掲載順位が上り、見られやすくなったホームページに魅力が伝わる動画があればきっと人の心を惹きつけてくれるはずです。

動画を制作するときのポイント

ここまでの解説でちょっと動画制作に関心が湧いた方向けに動画制作にあたって大切なポイントをいくつかご紹介していこうと思います。

いきなり料金の話をすると緊張しますので、あくまでも制作にあたってのポイントをまとめていきます。

目的を明確に

やはり目的を明確にしないと動画の印象は薄くなってしまいます。

企業が作る動画でいえば企業ブランディングや採用、商品プロモーションなど様々な目的がありますが、今回の目的は地域振興・地域活性ですね。

さらに地域活性と言っても観光地として旅行に来て欲しいのか、移住を目的としているのかで内容は大きく変わります。

観光であれば温泉や名物料理、素敵な宿泊施設、自然に触れ合えるツアーなど非日常を全面的に押し出すべきですし、移住であれば美味しい食材やきれいな水、地元の人の様子に加え、移住者用の金銭的なサポートなど、日常的な暮らしやすさをアピールすべきです。

それを両方!と欲張ってしまうと、どちらにも響かない、中途半端な作品になってしまします。

ターゲットを明確に

動画制作の目的が定まったら、さらにターゲットも決めましょう。

無難なものよりピンポイントに刺さる動画の方が集客の上で魅力的です。

観光客へのPR動画であれば、女性に来て欲しいのか、男性に来て欲しいのか、友達同士で来て欲しいのか、カップルに来て欲しいのか、はたまた家族をもつお父さんに向けるのか、第二の人生を歩み始めた夫婦の旅行に勧めたいのかなど、様々なターゲットが予想されます。

動画の主人公をターゲットに合わせるだけでかなり説得力が増しますし、PRポイントもそれに合わせたものがいいでしょう。

もちろんその地域の特性に合わせてターゲットを決めるのもいいと思いますが、動画は編集できるものですので、来て欲しい人に刺さる魅力を引き出し、発信することが可能ですよ。

切り口を斬新に

ここまではより絞った層に刺さるようにという提案でしたが、これは動画自体に引き込ませるテクニックです。

無難なものより斬新なものの方が目につきますし記憶に残ります。

ちょっと捻ったストーリーにしてみたり、斬新な視点での展開にしてみたり、少々高等な技術を要することになります。

そのため、脚本家や役者を起用する必要があるため製作費が張る場合が多いです。

同じ動画同士で比べた場合の話ですので、動画だけでもチラシや雑誌等の紙媒体と比較すると遥かに記憶に残りますので、あくまでさらに効果的なものを作りたい!という場合に意識すべき点と言えるでしょう。

まとめ

ここまで動画コンテンツとはそもそもなんなのか、地元を活性化するために制作する動画ではどのような点に注意して制作するべきなのかを解説してきました。

動画は今最も注目されており、絶対に活用すべき販促物であること、ターゲットを絞ってしっかり刺さるものを作った方が効果的であることがお分かりいただけたかと思います。

どのような業者を選ぶべきかは別の記事にて解説していますので併せてご覧ください。

TACNALって?

私たちは札幌の動画制作サービスTACNALです。

YouTuberのような動画やプロモーションビデオ、更には商品写真など、オールマイティな販促コンテンツ制作を承っています。

新しく何かを始めたい。そんな時は私たちにご相談ください。

他社より安く、良い作品をご提供いたします。

Information

SNS

TACNALについて

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次