売り上げアップの鍵はYouTube!?中古自動車販売店こそ動画を取り入れるべき理由!

目次

YouTubeの流行と販促の発展

皆さん、YouTube見てますか?

職業としてのYouTuberが一般化し、芸能人がYouTube活動することも当たり前になりつつあります。

テレビよりYouTubeを見ているという方もいますし、ちょっとした隙間時間のお供によく利用している方も多いのではないでしょうか。

流行っているなら取り入れればいいのです。
チャンネル開設・動画投稿は無料ですし、1度動画を投稿すれば維持費もかからず残り続けます。

でもYouTubeで活動をするってYouTuberになるってことでしょ?
無料で始められるのは知ってるけどそもそも動画の撮影とか編集とかってできないし、炎上とか迷惑系とかあまりいいイメージないなぁ…とお思いかもしれません。

でも意外とそんなことありません。

今回は中古車販売店がYouTube活動をすることで得られるメリットとデメリット、デメリットの解決策をご紹介していきます。

YouTube活動のメリット

YouTube活動の最大のメリットは結論から言うと売り上げUPに繋がるということです。

ここではその理由をいくつかの要素に分けて解説します。

  • より正確に情報を伝えることができる
  • 販売市場を全国に広げることができる
  • 競合他社との差別化ができる
  • 一度投稿すると資産として残る
  • 店舗の知名度UP
  • 収益を得られる可能性がある

ではひとつずつ見ていきましょう。

より正確に情報を伝えることができる

動画はテキスト+写真の5000倍の情報を伝えることができます。

例えば一般的な自動車販売サイトに数値やテキストと内装・外装の写真を掲載しますよね。
大体の様子はわかるけど、シートの質感や走行の様子、ライトがつく様子や音などは分かりません。

それらの情報は動画で補完できます。

また、実際に言葉で伝えたいおすすめのポイントがあるかと思います。
テキストで表現しづらいポイントも言葉でなら伝わります。加えて、誤ったニュアンスで伝わってしまうことも防ぐことができます。

また、文言で表現すると長くなってしまうことでも、映像と言葉で説明すればスムーズに伝えることができ、受け取る側もすんなり内容を飲み込めます。

テキストと写真で伝わらなかった状態が伝わるようになり、お客様はWEBページを見ただけで店舗に足を運び実物を見た際と同等に近い情報を得ることができるのです。

販売市場を全国に広げることができる

さて、この「WEBページを見ただけで店舗に足を運び実物を見た際と同等に近い情報を得ることができる」というのが次のポイントです。

これが可能になると、販売市場を全国に広げることができます。

中古車販売の場合、購入するにはしっかり状態を確認しておきたいものです。

決して安い買い物ではないですし、特に中古車は車によって状態が異なるので当然ですよね。

となると実物を見に行くのは必至ですが、お店が遠くて見に行けない!となるのは大きなチャンスロスですよね。

そこで動画が役に立ちます。

先に動画があればWEBページを見ただけで実物を見たような情報を得ることができると述べました。
すなわち状態が確認できるため店舗に足を運ばずとも購入を決めることができるのです。

また、1度撮影すればいつでも何度でも再生することができると言うのも大きなポイントです。

動画はどこからでも見ることができるのと同時に、いつでも見ることができます。
商品がその場になくても営業時間外でも、お客様がワンクリックするだけで自動的に商品紹介ができるのです。

同じ車を違うお客様に何度も紹介する必要はなくなります。人気な車両であればあるほどそのメリットは大きいでしょう。

お客様も来店するより家でサクッと動画を見る方がハードルが低いはず。

そうすると、自ずと販売市場が全国に広がりと同時に多くのお客様の目に触れるようになり、多くの車を売ることができます。

競合他社との差別化ができる

次に競合他社との差別化について見ていきましょう。

例えば販売サイトを見ていて、他のお店より写真やテキストの情報が少ないお店についてどう思いますか?
なんだか信用できない、不安な気持ちになりますよね。

一般的な通販サイトでもフリー素材のようなイメージ画像しかなかったり、商品説明がコピーペーストだったりと情報量が少ないとそのページの商品は購入に至らないのではないかと思います。

逆に他ページよりも画像が多かったり消費説明が丁寧だったりするとそれだけで買ってみようかな?と言う気持ちになりませんか?

現在、自動車販売サイトにおける情報はどこも横並びです。
あとはお店の場所や雰囲気、口コミで見比べているお客様が多い中で、動画情報があったらどうでしょう。

写真+テキストよりも分かりやすい車両の解説、お店の雰囲気やスタッフの人柄も伝わります。

いざ行ってみないとわからないところまでわかるので、お客様はより安心して前向きに検討することができるのではないでしょうか。

それがあるのとないのとでは心象が大きく変わります。
すなわち動画活動を行なっているところとそうでないところでは差が生まれるのです。

独自の調査によるといくつかの販売店はすでにYouTube活動を行なっていましたが、まだまだごく一部。
昨今の動画コンテンツの普及を見ると、いつか動画が当たり前になっていくかもしれません。
今こそ他社と差をつけるタイミングなのです。

一度投稿すると資産として残る

今後動画での紹介が当たり前になるかもしれないと申し上げましたが、そうなってから始めればいいや。と軽視されがちです。

確かに販売サイトに動画を掲載するだけならそれでいいかもしれませんが、YouTubeなどに投稿することを考慮すると事情が変わります。

YouTubeに動画を投稿すると、維持費や月額料金などかからずずっと残し続けることができます。

もちろんネガティブな意味でも捉えられますが、本来これは大変便利な機能なのです。

例えば爆発的に再生数が伸びなくても、数年かけてじっくり伸びていくことも大いにあります。

また、新しく始めたチャンネルよりも長く続けているチャンネルの方が情報としての信用性が上がります。

完売した車も動画を削除する必要はありません。販売実績として残しておけばお客様の安心材料になります。

また、「みんなが始めてから」始めては数あるチャンネルの一つになってしまいます。
活動期間と動画数を積み重ね、皆が始めた頃に1歩リードすることが可能です。

収益を得られる可能性がある

これはあくまでおまけ程度ではありますが、チャンネル登録者数が1000人を超えると収益を得ることができるようになります。

1000人に達するためにはそこそこの内容と活動期間が必要です。
最初からこれを目標にすると数が伸び悩んだ時に続ける価値を見出せなくなってしまいます。

また、1000人達成してもまとまった金額にならないのが現実。

もちろん登録者数や再生回数は目で見える数字なので大きなモチベーションになるのですが、あくまで商品を紹介し続けた副産物程度にとらえるのがいいでしょう。

しかし初めて収益を受け取ると嬉しいものですし、新たな収入になりますよね。

有名YouTuberになる可能性だってありますしね。


さて、YouTubeでの動画活動が売り上げUPに繋がるということがお分かりいただけましたか?

これらのメリットは1度でも動画活動を考えたことのある方ならご存知だったかと思います。

ではなぜ実際に行動に移す人が少ないのか?
それには次に挙げるようなデメリットのせいではないでしょうか。

YouTube活動のデメリットと解決方法

さてYouTubeの動画活動に二の足を踏んでしまう理由として多く以下のことが挙げられると思います。

  • そもそも何をしていいかわからない
  • 動画の撮影・編集の技術・機材がない
  • 時間がとれない

まず「何をしていいかわからない」について。
確かにYouTuberといえば毎回異なる面白い企画を考え、時にはお金をかけて投稿しているイメージがありますよね。
でもそんなことはできない…そう尻込みしていませんか?
いいえ、大丈夫です。

中古車販売店としてのチャンネルを始めるのであば、まずは在庫車紹介をコンスタントに上げていくことをお勧めします。

こだわりの車両や人気車種だとよりいいでしょう。

内装・外装の状態や軽く走行している様子に加え、お勧めのポイントやその車種についての豆知識などを解説するとより楽しい動画になるかと思います。

つまりは普段来店したお客様に説明するように、カメラに向かって解説すればOK。

それに慣れてきたら作業風景や店舗スタッフを知ってもらうためのインタビュー動画、車両販売店だからこそ知っている専門知識解説など幅を広げていけばいいのです。

きっとやってみたいことも増えていくでしょう。

店舗や車両のプロモーションビデオを撮るのもいいですね。求人広告を作成することもできます。

思いつくままなんでもできます。なんだかワクワクしてきませんか?

しかし次に問題になるのは技術や機材の面。

やってみたいことはあるけど動画を作成するのは難しそう。
特別な機材なんて持ってない。

特に撮影機材や編集ソフトを一気に揃えようとしたら数十万円かかってしまうことも。

もしサクッと始めるのであれば、iPhone1台あれば製作可能です。

iPhoneで何気なく動画を撮ることは多いかと思いますが、その要領でOK。

最近のスマートフォンはビデオカメラに劣らないくらい綺麗な動画が撮れます。

最も簡単なのは撮った動画をそのまま投稿すること。ノーカットになってしまうのでテンポが悪く、少々見づらいものになってしまいますが手軽で本当に今すぐ動画投稿できます。

次に簡単なのはiMovieでカット編集すること。

言い淀んでしまったところや間が空いてしまったところ、言い直したところをカットするだけでグッと見やすくなります。

別撮りの動画を差し込むこともできるのでかなりそれらしい動画に仕上がります。

もちろんプロモーションビデオなどの細かな編集が必要な作品はそれなりの技術や編集ソフトが必要ですので難しいですが、簡単な動画を制作することができます。

最後に時間が取れないという点。

確かに動画を制作するには時間がかかります。

撮った動画を見返し、不必要な部分をカットし完成品を見返し…と完成品の長さに対して相当な時間を必要とします。

操作に慣れた編集者でもこの程度はかかるので、初心者はもう少しかかるかもしれません。

また、良いものを作るには勉強する時間も必要なので、すでにお話しした「いつでも見れることによる時短」というメリットが損なわれてしまいます。

これには編集をできるだけ簡単にするか、担当者を決めて専念するか程度の解決策しかありません。

このデメリットも含め、全てのデメリットを解決できるのは外部委託です。

動画製作は外部委託がお勧め

高クオリティで時間もかからず、内容の相談もしたい場合は外部委託がお勧めです。

編集の時間は削減できますし、プロによる編集なので当然よくYouTubeで見かけるような動画を期待できます。

チャンネルの方向性や動画内容の相談もできますので、これから始める方も安心です。

一度外部の目が通ることにより、身内のみで制作するよりも他者に伝わりやすくなったり、炎上などを防げたりするというメリットもあります。

でも動画製作の委託って高いイメージ。
お金をかけてまでやりたくない。

そうお思いの方も多いかと思います。

ここで当サービスのご利用料金表を見てみましょう。

やはり高い…とお思いですか?

しかし最初に述べた売上アップに繋がる数々のメリットを得られるYouTube活動と時間や技術、機材費等のデメリットの解消ができることを考えてみてください。

編集の腕も確かなので先に述べたまさしくYouTube!といった動画に加え、CMのような店舗や車両のプロモーションビデオなど、「こういうのを作ってみたい」という動画を作り上げることができます。

丁寧なヒアリングも行なっているのでイメージと大きくかけ離れてしまうこともありません。

今すぐにYouTube活動を高クオリティで始めて、同業種より一歩リードしてみませんか?

お申し込み

試しに相談だけしてみたい、こういうことができるか聞いてみたいという方はこちらのフォームか電話番号にご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次