YouTube編集代行の相場って?これからYouTuberを目指す初心者でもわかる依頼の際に注意すべきポイント!

今や誰もが知る存在・YouTuber
個人的に始める方もいれば、事業を盛り上げようと検討中の事業主さんや店長さんもいらっしゃるのではないかと思います。

いざ始めてみようとしたはいいものの、動画編集ができない
委託したいけど相場が分からないし、そもそも専門用語が多すぎて何が書いてあるか分からない

今回は初心者にも分かりやすい動画編集代行依頼の疑問を解説していきます!

目次

そもそも代行の相場は?

動画編集代行の相場は実はピンキリ
副業として代行を受け付ける人や、企業が一つの事業として請け負う場合もあるので尚更です。

こだわればキリがない世界なので、大まかに価格を言うと数千円〜数十万円も差が開いてしまいます。

そんな大雑把な数値を提示されても初めて踏み入る世界で相場なんて想像つきませんよね。

そもそもどういうものか分からず言われるがままに契約してしまった。
想像よりもすごいものができてしまい、お金がかかりすぎた。
もっといいものを作れると思ったのに完成品に満足できなかった。

相場が分からないとこのようなトラブルに陥りがちです。
後から困った!なんてことにならないように、利用とする動画のイメージとその製作相場は把握しておく必要があります。

今回はYouTube活動を目指すことを前提にお話ししていきます。

まずは次のフローチャートでイメージを膨らませましょう。
専門用語は下に記載した注釈をご参照ください。

注釈

カット編集文字通り動画を切り繋げること。間があきすぎてしまった時や不要と判断したシーンを消すことができる。動画のテンポに大きく関わる。
サムネサムネイル。YouTubeにおいては動画より先に表示される表紙のようなもの。多くの人の目を引くサムネイルであることが再生回数を伸ばす大きな要因になる。
BGM・効果音BGMはBack Ground Musicの略で、全体を通して背景として流れる曲のこと。効果音(SE)は演出の一環として付け加えられる音のこと。
テロップ字幕のこと。
OP・EDオープニングとエンディングのこと。動画の始めと終わりに付け加えられる映像や静止画。
企画・構成なぜ動画を作るのか、誰に向けた動画なのかをはっきりさせ、より良い形になるよう組み立てること。動画において重要な要素である。
SEOSarah Engine Optimizationの略。検索エンジン最適化。これを行うことで検索した際上位に表示されるようになる。
チャンネル運営SEO対策を初めYouTubeへの動画投稿などを適切な形で行うこと。

いかがですか?金額は動画1本あたりの価格相場です。
目指す活動のために必要な予算が見えてきたのではないでしょうか?

テレビのように、企画や尺、テンポがしっかりしている練られた内容の動画は企画・構成までプロに任せているのではないかと思います。

もちろん全てをプロに任せれば多くの人の目を引き再生回数を伸ばしやすい動画ができるでしょう。
しかし費用がかなりかかるのが現実

また、個人的に作っていた動画が多くの人に見られるようになり数十万人の登録者を抱えることになった!という事例も珍しくはありません。

いずれにしても、少なくともYouTuberのような動画を出すためには8分以上の動画とカット編集、サムネイル、BGMや効果音が必須であると言えるでしょう。

予算や目指すものを検討しながら自分に合ったプランや業者を選ぶのが大切です。

動画編集代行プランの疑問あれこれ

大まかな予算が分かったところで、次に代行業者を探す際の困りごとを解決していきましょう。

あくまで調査した結果と弊社サービスを比較した上での目安に過ぎないのでその点においてはご留意ください。

動画編集ってどこまでを含むの?

動画編集〇〇円!という文言をよく見るのではないでしょうか?

しかし先ほどのチャートを見ればわかるように一概に動画編集と言っても様々な要素があるのです。

親切なページでは何の作業を含むのかを明記してありますが、困るのは特に記載がない場合
カット編集のみをいう場合や、カット編集+BGM、効果音の場合、テロップまでを含む場合もあります。

その際ヒントになるのが「オプション」。
「オプションポイントテロップ〇〇円」とあればその業者のいう動画編集にテロップはほぼ含まれていないと考えるのが妥当ですし、「オプションサムネイル製作〇〇円」とあれば当然サムネイルには別途の費用がかかることになります。

また、「カット編集〇〇円」との記載の場合は上記のカットのみを行い、他の要素はオプションで買い足していくというシステムである場合が多いです。

一見安く見えますが、勧められるがままにオプションを足していくうちに他の業者より高くついてしまった、というトラブルを避けるためにも何がオプションなのかは問い合わせの上よく検討しておくべきです。

〇〇円〜って何?

次に多く見かけるのが「〇〇円〜」の表記。

最終的には一体いくらになるの!?という不安でなかなか問い合わせにも踏み切れないことありますよね。

これは先ほどのオプションと重なる部分があるのですが、
オプションに加えて動画の尺やこだわりたいポイントなどで追加料金が発生する場合があるのです。

こだわって作る自分だけの動画なので、必要な要素は人それぞれ。
そのニーズに応えるためにははっきりとした価格を表記できない場合もあります。

また、お問合せを通してサービスのPRをすることもできますし、会話でしか伝えづらい要素の説明をすることができるという企業側のメリットもあります。

料金表の情報量が少なく、まずはお見積り!というページでは問い合わせする以外に情報を得る手段がないので、他の業者のプランと比較しながら交渉を進めていく必要があります。

そもそもどんなものができるのかイメージできない!

先に注釈である程度紹介しましたが、動画編集には専門用語が多くてどんなものができるのかよく分からない!ということがよくあります。

そんな時は完成品サンプルを見てみましょう。

多くの場合業務実績が掲載されているので、どういう動画を作ることができるのかを想像しやすくなります。

また、どの程度のクオリティのものを製作出来るかを押し測ることが出来ます。
他の業者と比べて、求める品質と価格の都合折り合いがいい業者に依頼するのがいいでしょう。

動画製作委託業者の腕はピンキリです。
熟練のプロが製作しているところもあれば実績はないがやり方はわかる程度の腕の編集者が担当する場合もあります。
実績やサンプルがない業者や個人に委託するのはリスキーなのでこだわりがない限り避けた方が良さそうです。

ちなみに弊社には動画編集歴10数年のプロビデオグラファーが所属しているのでご安心ください。

納期は要確認!

情報は生物です。鮮度が命。

「新発売の缶チューハイ飲み比べ!」という企画を考案して発売日に購入、撮影しても依頼してから編集、受け渡して投稿までに2週間以上かかったらかなり出遅れてしまいますよね。

ですので、納期が明確なところを選ぶようにしましょう。

動画編集というのはとても時間のかかる作業なので、早ければ早いほどいいとは一概には言えませんが、せめて納期がはっきりしている方がスケジュールは立てやすいです。

カット編集、テロップ、効果音のついた10分程度の動画を仕上げる場合、多くの業者では通常3〜7営業日での納品を提示しているところが多く見られました。

〇〇日程度やそもそも納期の提示がない業者は問い合わせてしっかり確認するか、そもそも避ける方が無難でしょう。

チェックポイントまとめ

ではここまでのチェックポイントをまとめていきましょう。

  • 適切な相場を把握する
  • 「編集代行」にどこまで含むかチェックする
  • オプションに気を付ける
  • 製作事例を確認する
  • 納期を明確にする

最低限これらをチェックしておけば想像とのギャップにがっかり…なんてことにはならないはずです。

リーズナブルで良い業者を見つけて夢のYouTubeを始めましょう!

TACNALのサービス

さて、ここからは弊社のサービスをご紹介していきたいと思います。

すでに述べたチェックポイントに留意しながら進めていくので、料金ページの見方を確認するような気持ちでお付き合いただければと思います。

弊社で承る動画製作にはYouTubeに特化したYouTubeプランと様々な媒体に利用できるプロモーションビデオ製作プランをご用意しています。

ここまでYouTubeについてのお話をしてきたのでYouTubeプランのご紹介をしていきます。

詳しく知りたい場合は動画編集代行案内ページをご覧ください。

さて、YouTubeらしい動画を動画を製作するには8分程度でカット編集、テロップ、BGMは少なくとも必須です。

そしてその相場は大体5万円程度であると述べました。
であれば35,000円は安価な方であると言えます。

  • 適切な相場は知っている
  • 「編集代行」にどこまで含むかチェックした

そしてこのプランには動画カット編集5割程度のテロップBGM効果音サムネイルの製作が入っています。
これを依頼すれば最低限形になりますね。

動画の撮影は含まれていないので、自分達で撮影するか、もしくは撮影を依頼しないといけません。
動画はスマホ撮影でも可能ですが、どうしても機材がない、どうせならプロに依頼したい時はオプションで1時間5,500円から撮影、スタッフ出張費が1名1,000円かかるようなので6,500円〜7,500円程度といえるでしょう。

ここでは撮影は自分達で行うことにしましょう。
詳細情報を見ると、納期は7営業日以内です。1週間以内に仕上がると言うことですね。

  • オプションに目を通した
  • 納期を確認した

では製作事例を見ていきましょう。

動画編集代行サービスのページにもありますが、弊社では業務実績として編集を担当しているYouTubeチャンネルを掲載しています。

生ラム本舗チャンネル

撮影・編集

お店をもっと盛り上げ、ジンギスカンの魅力を発信するためにチャンネル開設。

UNIVERSALチャンネル

撮影・編集

全国に向けて、販売サイトだけでは伝わらないポイントを動画でプレゼンするためにチャンネル開設。

ご覧になってみていかがでしたか?
このような品質の動画が完成するのだとイメージが湧いたと思います。

生ラム本舗チャンネルは短い動画ですが、5割程度のテロップとBGM、効果音、サムネイルに加え、撮影1時間とOP・EDがついているのでスタンダードプランにオプションの撮影と初回のみのOP・ED代を合わせて73,500円程度で製作したと言うことがわかると思います。

この内容はフローチャートの80,000円ランクになるので、やはりお安く済みますね。

また、OP・EDは繰り返し使用できるので次回以降はもう少しお安くすみます。

UNIVERSALチャンネルはほぼフルテロップでBGM、効果音、サムネイル、撮影、OP・EDなので、ヘビーコースにオプションを合わせて93,500円程度といったイメージでしょうか。

クオリティも価格に対して申し分ないと自負しております。

  • 製作事例を確認した

さて、ここまでで1本の動画にかかるお金は35,000円です。

しかし継続して撮影したい場合、1本ごとに35,000円、週に1回作成したら1ヶ月で140,000円かかってしまいます。

いくらYouTubeはコンスタントな投稿が重要とは言え、なかなかの大金です。

もう一度料金表を見てみましょう。同内容を月単位で契約できる定期製作プランがありました。

見ると週に1度のペースで投稿するコースであれば88,000円で契約可能。
60,000円も安くなりました。
1本あたり22,000円です。

どうせなら週に2回投稿するプランにして通常280,000円かかるところを120,000円引きの160,000円で契約することも視野に入ってくるかもしれません。
こちらは1本あたり20,000円になりました。

浮いたお金OP・EDをオプションに加えてもいいですね。

まとめ

いかがでしたか?

作りたい動画のビジョンとかかる費用について具体的なイメージが掴めたでしょうか?

今回の記事を通して弊社サービスに関心を持っていただけたら幸いです。

YouTubeに興味がある、具体的に見積もりしてみたい場合はフォームやお電話でぜひお気軽にご連絡くださいね。

Information

SNS

TACNALについて

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次